銀行系キャッシングとは

銀行系って?

キャッシング会社には系列があり、銀行系、消費者金融系、信販系などによって特徴があります。

銀行系キャッシングとは、銀行が出資しているキャッシング会社です。
あくまで銀行が出資してつくった金融会社からの融資であって、銀行が直接融資をしているわけではありません。
個人を対象に大口の融資を行うのに、銀行の持つ融資に関連したノウハウを生かしているといえるでしょう。
とはいえ非常に人気があるのは、バックに銀行というブランドがあるという安心感からではないでしょうか。
審査が厳しいという印象が強い銀行系キャッシングですが、低い金利での融資を受けることはできます。
最近は審査が早く融通がきくところもありますが、傾向としては変わっていません。
審査が厳しいというと身がまえてしまいます。安定した収入があり、今までローン返済でトラブルを起こしたことがない人ならば条件がきつくはありません。
銀行系のキャッシングは、サラリーマンでなく、収入が不安定な自営業やアルバイトの人でも融資をしてもらうことはできます。
スピーディな審査を行う銀行系のキャッシング会社も最近は増加中で、即日融資がネットキャッシングでできる場合もあるといいます。
もし何かでキャッシングしなければならないときは、銀行系キャッシングを利用することも考えると良いでしょう。

銀行系キャッシングの総量規制

総量規制ってなに?

銀行系キャッシングとは銀行が出資してつくったキャッシング会社のことです。

銀行キャッシングとは銀行が直接行うキャッシングのことです。
貸し主が銀行系の場合と、銀行の場合とがあるわけですが、両者の違いは何でしょうか。
審査の基準や金利などが、外から見ると類似しているようですが、かなり異なります。
金利が高く、利用限度額が少ない代わりに審査結果が出るのが早いのが銀行系です。
大口の融資が低金利で可能なのが銀行ですが、審査にかかる時間も長いうえに、審査は簡単には通らないでしょう。
大きな差として、銀行は総量規制の対象になりませんが、銀行系は総量規制の対象になります。
総量規制とは年収の三分の一までしか融資が受けられないという法律です。銀行系の金融会社が貸し主となった場合、キャッシングの上限金額が自ずと定まってしまうということです。
貸金業者として登録されている金融会社は規制の対象となっています。
貸金業者としての登録をしなくても、銀行はキャッシング融資をすることが可能なのです。
キャッシングを年収の三分の一という制限より多くしたい場合は、銀行を貸し主にしたキャッシングを必ずしなければならないでしょう。
たくさんキャッシングをするのでなければ銀行系キャッシングは便利ですので、こちらをメインに使いながら必要に応じて銀行を利用すると良いでしょう。

 

キャッシング スマホ完結